資料請求 見学会好評開催中! facebook
sinnjyuukyou1.jpg
yuuryoujyuutakukyoukai4.jpg
eco3.jpg
hojyokinn.jpg
tatekka-na.jpg
syouene.jpg
新庄市の注文住宅なら結homeトップへ ->  長期優良住宅

長期優良住宅認定工務店

結home (株)木づくりの住い結 は『長期優良住宅』 に対応しております。

ここでは、長期優良住宅についてメリット、デメリットも含め説明していきます。

長期優良住宅ってなに??

国土交通省が、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を2009年6月4日に施行しました。

この法律は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負担を低減するとともに、建て替えにかかる費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

tyouki1.jpg

長期優良住宅に求められる条件

tyouki2.jpg

tyouki3.jpg ●耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。

「地震に強く、倒壊しにくい安心の家」

tyouki4.jpg ●省エネルギー性

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

省エネ法に規定する省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)に適合すること=省エネルギー対策等級4

「地球にやさしく、家計にもやさしい家」

tyouki5.jpg ●維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

「メンテナンスの容易な家」

tyouki6.jpg ●劣化対策

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

「構造や骨組みのしっかりした長く住める家」

tyouki7.jpg ●住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

「必要な広さが確保された、暮らしやすい家」

tyouki8.jpg ●居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

「地域のまちなみと調和した家」

tyouki9.jpg ●維持保全管理

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

「”住まいの履歴書”付きの、長く快適に住み続けられる家」

tyouki10.jpg ●バリアフリー性

将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

※戸建て住宅への適用なし

tyouki11.jpg ●可変性

居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。

※戸建て住宅への適用なし

tyouki12.jpg ●住居履歴情報の整備

長期優良住宅に認定された住宅はその建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。

「”住まいの履歴書”付きの、長く快適に住み続けられる家」

長期優良住宅にするメリットは?

長期優良住宅にすると一般住宅に比べて「住宅ローン減税」や「固定資産税」・「登録免許税」などの減税効果が大きく、金銭的なメリットがあります。但し、建築コストが上がったり、手続にかかる費用が生じたりすることもあるため、総合的な判断が必要になります。

●所得税の住宅ローン減税(控除率最大1.2%)

ro-n.jpg 居住開始年が2013年であれば、

控除対象限度額が

一般住宅→2000万円

長期優良住宅→3000万円

となります。

10年間の最大控除額は、

一般住宅→200万円     

長期優良住宅→300万円

となります。

●固定資産税

固定資産税は、一般住宅であっても1/2に軽減されているのですが、軽減期間が、

一般住宅→3年     長期優良住宅→5年(一戸建ての場合)

となります。

●登録免許税

所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。

●不動産取得税

一般住宅→1200万円の控除     長期優良住宅→1300万円の控除

となります。

また、フラット35S(住宅ローン)において金利優遇を受けられるメリットもあります。

長期優良住宅にするデメリットは?

○申請に時間がかかる

長期優良住宅の認定を受けるには色々な手続が必要であるため、長期優良住宅としない場合と比べて所要日数がかかります。設計・打合せ、申請期間にもよりますが、数週間から1ヶ月以上の期間が余分にかかることがあります。

○申請にコストがかかる

長期優良住宅の認定を受けるために費用がかかりますが、これは諸条件によりばらつきがあります。まず、行政へ支払う認定手数料が数千円~数万円かかります。この金額は、行政によっても異なりますし、進め方によっても異なります。進め方とは、事前に住宅性能評価機関の技術審査をするかどうかの違いです。

事前に住宅性能評価機関の技術審査をする場合には、行政への認定手数料は数千円で済みますが、住宅性能評価機関へのダイキンが5万円前後(諸条件による)かかります。

○建築コスト増

長期優良住宅の基準に合わせることで建築コストが高くなることもデメリットと言えます。しかし、仕様を良くすれば建築コストが上がるのは当然のことですし、その分、良い家が建つわけですから単純にデメリットというわけではありません。

長期優良住宅のことをもっと詳しく知りたい方はぜひ結home(株)木づくりの住い結にご相談下さい♪



新庄市の注文住宅なら結homeトップへ ->  長期優良住宅